カートをみる マイページへログイン 初めての方へ お問い合せ サイトマップ
RSS
 

安岡正篤


「平成」という言葉の考案者が安岡正篤氏だと言われています。

また、氏は終戦の詔書(玉音放送)の草案にも加筆しているといわれ、天皇
陛下や国家の重鎮からの信任が厚く戦中戦後の日本において大変重要な役割
を果たされました。

特に戦後の日本は「敗戦国」という立場から、国中が自信を喪失しました。
そんななかで戦勝国・アメリカから進駐軍を迎え入れ、日本の文化や伝統を
残しながらも焼け野原の上に経済復興を果たさねばならない大変微妙なかじ
取りが必要とされたのです。

当時の自民党歴代宰相の指南役を勤めていたのも安岡氏なのです。

今の日本や経営者に必要なのは、小手先のテクニックや口先の議論ではなく、
骨太な助言ではないでしょうか?

今、氏のメッセージを学ぶにはこのCDがおすすめです。

【入門・安岡正篤の帝王学】日経BP社発行 

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=8008&eid=32